痩せたいけどバストも残したいときのコツ

・胸の脂肪は落ちやすい
胸の脂肪は他と比べても柔らかく、体温が高いため痩せやすい部位になります。
そのため、運動や食事制限によって胸の脂肪も一緒に痩せてしまう場合があります。

なので、今回は胸の脂肪を痩せにくくするコツを紹介します。



ポイント①なるべく胸を揺らさない
ジャンプ動作が必要なジョギングや縄跳びなどで胸を揺らすとバストが小さくなってしまう可能性があります。

【対策】
運動をする時にはスポーツブラなどの固定作用があるインナーを着用するのがオススメ。

ポイント②たんぱく質をちゃんと摂る
筋肉もそうですがバストアップのためにも、たんぱく質は欠かせません。
卵や牛乳、肉、魚などを積極的に摂っていきましょう。

【オススメの食材】鶏むね肉/ささみ/魚類など

ポイント③大豆イソフラボンを摂る

イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしており、女性らしい体作りを助けてくれます。

【大豆イソフラボンを含む食材】納豆/豆腐/きな粉/豆乳

ポイント④筋トレで大胸筋を鍛える
大胸筋は胸の土台になっている部分です。
大胸筋をしっかりと鍛える事によって、ある程度のダイエットをしても胸が小さくなる事はありません。

スポーツジムに行けば大胸筋を鍛えるマシンは必ずと言っていいほどありますが、もし家でスキマ時間に筋トレする場合は
「合掌のポーズ」が定番ですね。

合掌のポーズ
1.姿勢をよくして、胸の前で手を合わせて合掌のポーズをとる
2.ひじは肩のラインまで上げて、直角に曲げる
3.息を吐きながら、手のひらを押し合う(15秒くらい)
手に力を入れて押すというよりは、胸の筋肉に効いてることを意識して下さい。⠀⠀
⠀⠀
こちらを1日に5回x3セットを目安に行いましょう。(^o^)