目指そう美脚!正しい脚の鍛え方⠀




運動してもなかなか足が細くならない、筋トレをしたら足が太くなると思っていませんか?
原因は筋肉が太くなっているからだけではないかもしれません。


女性は特に筋肉が付きにくい体質なので筋肉太りしてしまうのはとても珍しいケースです。
(筋肉の付きやすい男性でも、沢山筋トレをしてやっと太くすることができるのを想像してみてください。)

なので脚が太くなっている原因は、
・脂肪で太くなっている ・むくみで太くなっている  ・肉が固くなって太くなっている(注目)
この3つがほとんどです。 それぞれの見分け方と対処方法、脚を細くする正しい鍛え方を紹介します。


・原因①:脂肪で太くなっている

<脂肪太りの見分け方>
・太ももやふくらはぎを触ると柔らかい
・体全体も太めである  ・脚全体にメリハリがない  ・セルライトがある ・ふくらはぎや太ももに力を入れても、筋肉の筋が見えない、または固くない 
<対処法>
脂肪で太くなっている場合は筋肉が少なく基礎代謝が落ちてしまっています。
適度な筋トレと食事コントロールが必要になってきます。


・原因②:むくみで太くなっている

<むくみの見分け方>
・ふくらはぎに靴下の跡や、爪でおした跡がすぐに消えずに残る。
・脚が張っている感じがする
<対処法>
①塩分・アルコール・糖質を控えながら、運動する。

②塩分を摂り過ぎている場合はカリウムを摂取する。
ほうれん草、納豆、ココナッツウォーターなど

③長時間同じ姿勢を避けるようにする


・原因③:肉が固くなって太くなっている

筋肉太りは筋肉だけが太くなっていると思われがちですが、脂肪や老廃物が一緒に凝り固まっていることが本当の原因なのです。

<見分け方>
・脚に力を入れていなくても、肉が固い
・脚に力を入れても、筋肉の筋が見えにくい 
<対処法>
・凝りをとるマッサージをする
・激しい運動や筋トレを避け、軽い有酸素運動を続ける



~脚を細くする正しい鍛え方~

ポイントは、「遅筋」を鍛えることです。


筋肉には、鍛えると太くなる「速筋」と鍛えても太くならない「遅筋」の2種類の筋繊維があります。
「遅筋」を鍛えることで引き締まった足を手に入れることができます。

低~中負荷でゆっくりと長時間有酸素運動を行うことで遅筋を鍛えることができます。
ランニング、ウォーキング、水泳などがおススメです。


脚が太くなってしまう気を付けたい行動

・激しい運動をする ・自転車によく乗る ⇒速筋が鍛えられ、太くなる原因に

・ヒールの高い靴を履く ⇒脚の筋肉が均等に使われないため、筋肉太りにつながりやすくなってしまいます。
・姿勢が悪い ⇒骨盤のずれが生じ、下半身に脂肪や筋肉が付きやすくなったり凝り固まりやすくなります。
・体の冷え
⇒血行が悪くなり、筋肉が凝り固まる原因になってしまいます。 

いかがでしたでしょうか。
何が原因で脚が太いのかを見て、それぞれにあった対処法をしていきましょう。